ホーム‎ > ‎経営‎ > ‎

一般社団法人の決算


作成すべき書類


事業報告

法人の状況に関する重要な事項

→当該事業年度における 事業の経過及びその成果について記載する。

業務の適正を確保するための体制の整備についての決議の内容の概要(*通常、大規模一般社団法人のみ必要)

(1) 理事の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
(2) 理事の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
(3) 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
(4) 理事の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
(5) 使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
(6) 監事がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用
人に関する事項
(7) (6)の使用人の理事からの独立性に関する事項
(8) 理事及び使用人が監事に報告をするための体制その他の監事への報告に関する
体制
(9) その他監事の監査が実効的に行われることを確保するための体制
(10) 理事会設置一般社団法人以外の一般社団法人で理事が2 人以上ある場合は、業
務の決定が適正に行われることを確保する体制

事業報告 附属明細書

→事業報告の内容を補足する重要な事項(特にない場合は記載の必要なし)

計算書類(企業会計採用の場合)

貸借対照表

損益計算書

計算書類 附属明細書

→計算書類の内容を補足する重要な事項(特にない場合は記載の必要なし)



Comments